Home 英会話上達ノウハウ ビジネス英会話における自己紹介や挨拶、おすすめのフレーズ紹介

ビジネス英会話における自己紹介や挨拶、おすすめのフレーズ紹介

0 comment

「英語で自己紹介するのが苦手。うまく挨拶できるポイントは何?」

「ビジネス英会話でうまく自己紹介をして相手との距離を近づけたい。どうしたらいい?」

と悩んでいませんか?

ビジネスの場では、自己紹介や挨拶をする場面は多くあります。そのシチュエーションはさまざまで、場面に応じて織り込むべき内容が変わるのでその都度戸惑ってしまいますよね。

でも、ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイントを知っていれば、スムーズに自己紹介できます。

そこでこの記事では、ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイントと、おすすめのフレーズをお伝えします。ビジネスシーンでの自己紹介が得意になるために、ぜひ最後まで読んでくださいね。

①ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイント
②ビジネス英会話でおすすめのフレーズ

ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイント

ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイントをご紹介します。

場面と相手に応じて伝えるべき情報を厳選する

場面と相手に応じて伝えるべき情報を厳選して伝えましょう。長いパターンを用意しておくと、そこから削っていえるので便利です。

自信を持った堂々とした態度で言う

堂々と胸を張って自信を持って自己紹介や挨拶をしましょう。弱気な態度はそれだけで印象が悪くなります。第一印象はとても重要ですので、とにかく堂々とした態度で臨みましょう。

アイコンタクトと握手を忘れずに

自己紹介をするときは、アイコンタクトと握手を忘れずにしましょう。

タイミングですが、アイコンタクトは自己紹介の初めから最後までです。日本ではじっと見つめすぎるのは失礼に当たるとして積極的にするべきこととされていませんが、海外では目を逸らすことが失礼にあたります。

握手は自己紹介をした後に手を差し出してしましょう。

内容ももちろん大事だけど、堂々とした態度で、しっかり目を見て挨拶することが重要なんだね!

ビジネス英会話でおすすめのフレーズ

ビジネスシーンで役立つ簡単なおすすめのフレーズをご紹介します。

【Let me introduce myself.】自己紹介をさせてください。

複数人いる場面で注意を引くフレーズです。注目を集められたら、いつものように自己紹介しましょう。

【Hello.This is Tanaka calling from XXX corporation.】こんにちは私はXXX社の田中と申します。

これは電話で使う挨拶のフレーズです。電話ではThis  isで自分の名前を表現します。メールやそのほかはI’mで大丈夫です。

【Hello Mr.Smith,I’m Yuki, Yuki Tanaka.】こんにちは、スミスさん。私はゆき、ゆき・たなかです。

これは普通の自己紹介なのですが、ポイントが2つあります。一つは相手の名前をはじめに言うことです。日本語の自己紹介ではあまりないと思いますが、これは海外では割と普通です。相手にあなたのことを認識していまうすよとアピールできるメリットもあります。

もう一つは、自分の名前を2回言うことです。そうすることで、強く自分のことを認識してもらえます。

活用してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?この記事では、ビジネス英会話における自己紹介や挨拶のポイントとおすすめのフレーズをご紹介しました。

ビジネスシーンで活用してくださいね!

You may also like