Home コラム 【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】第4回『経験を取りに行く事で“楽しい”が生まれる』

【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】第4回『経験を取りに行く事で“楽しい”が生まれる』

by 榊原ゆい
0 comment
英語しゃべりたいドットコム榊原ゆいコラム第5回
榊原ゆい

Hello,英語しゃべりたい.com編集部です。
8月に入り猛暑が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

「日々忙しく飛び回る著名な方々はどうやって英語を学習しているのか知りたい!!!」
そんな疑問や興味を叶えるべく著名人をお招きした豪華連載コラム企画!
声優・シンガーソングライター・振付師など幅広い分野でご活躍中の榊原ゆいさんのコラム第回をお届けします。

今回はまさかの「ぼっちディズニー」を楽しむ榊原さんが遭遇した英語にまつわるおもしろエピソードを披露してくださいます。

是非最後までお楽しみください。

皆さんこんにちは!第4回です!週1で通っている英会話レッスン。先生のマークといつも他愛もない会話をしてからテキストに進むのですが、そのマークとの会話の一部で、偶然知ってビックリしたことをお届けしたいと思います!今回も、私の珍奮闘記におつきあいくださいませ!

話が合う相性がいい先生って大事

なんだかんだ2年半ちょっと、超忙しい時は2週間に1回になっちゃいますが、基本ちゃんとスケジュールに組み込んで、週1で通っている英会話レッスン。何人か先生がいらっしゃって、先生のスケジュールを見ながら指名してレッスン予約を入れて受ける形のスクール。最初の方は色んな先生のレッスンを受けてみていたのですが、偶然体験レッスンの時に見てもらったマークとのフィーリングが、なんだかんだ一番良くて(笑)……もうずっとマークを指名してレッスンを受けています。なので、お互いのプロフィールや、近況など理解している上でお話できるので、細かい説明や自己紹介が不要になり、週1で会う友達感覚で楽しく会話できています!よく考えたら週1の周期で会って話す人や友達なんてなかなかいないので、もしかしたら私、一番会ってるのはマークってことになるのかも(笑)?……といっても、私がまだまだつたない英会話なので、マークがくみ取ってくれながら、「○○って英語でなんて言うの?」と質問しつつ、マークもわからない日本語があると、すぐパソコンで調べてくれて「あ~このことね!」って感じで、お互い英語と日本語を理解しながらワイワイ喋ってます!私が通っているスクールの先生は、みんな素敵で寄り添ってくれる方ばかりですが、会話の相性や、ノリという点で私にはマークが一番お話しやすかったのと、レッスンの最後に習った単語や文法をまとめてもらえるプリントの書き方が一番わかりやすく、後でノートに書いて復習する時に写しやすかった……というところもGood!でした!

ぼっちディズニーランドのお話

そして、先日もレッスンで他愛もない話をしていました。実は私、一人でディズニーランドに行くっていう事を、前回のレッスンでマークに話していて、そしたら彼が

マ「How was Disneyland, which you enjoyed alone?」

(一人で楽しんだディズニーランドはどうでしたか?)

と話題を振ってくれたので、

私「I enjoyed it very very much!!!」

と、私はディズニーランドで楽しんだことを話し始めました。ピノキオの乗り物は待ち時間がなく、スタンバイチケットもいらず、すぐ乗れるようだったから乗り……一人だったので初めて内容をじっくり見たら……案外物語が怖くてビックリした!ということを話し、それにマークも共感(笑)!何人かで行くとキャッキャして気づかなかったんですが、一人で冷静にストーリーを見ながら乗ると「……え?」って(笑)。ピノキオがサーカス団に売り飛ばされたり(笑)、鳥かごに閉じ込められたり、嘘をついて妖精に鼻を長くされたり、ロバになって街に売り飛ばされそうになったり(売り飛ばされすぎ)、ピノキオを探しにいったおじいさんはクジラに飲み込まれるし(驚愕)、助けにいったピノキオとおじいさんはクジラのお腹の中で再会して、そこで火を焚いてクジラにくしゃみをさせ脱出。でも怒ったクジラに追いかけられて、ピノキオは岩にぶつかって死んでしまう。最後は妖精の魔法で人間の男の子になってハッピーエンドにはなるんですが……いやいやいや、よく考えたら最後の最後以外は、結構ハードな内容なんですよね(汗)。

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム画像

え……そんな有名な名前が実は!?

その説明をするときに「ロバって英語でなんていうの?」と何気なくマークに聞くと……マークは日本語のロバがわからず「ロ……バ?OK!Check!」ってことで調べてくれました。そこには……

「Donkey」(ドンキー)

と出てきたので、私はジェスチャーで胸をたたくゴリラのポーズをして

私「ウホウホ?ドンキー……コング??」

と返しました(笑)。

マ「Ah~!Donkey Kong!?」

私「ロバ……は、Donky?? Why????Oh~ドンキーってゴリラのnameじゃないの!?」

(もうわけわからなくて日本語混じり(笑))

マ「ホントデスネ、ナンデダロウ~」

  (つられてマークも日本語(笑))

……ということで、その場で一緒に調べました。なんと!!!ゲームで有名な「ドンキーコング」の名前の由来は、「○○コング」がゴリラのことだと思っていた生みの親の宮本さんが、とにかくマヌケなやつにしたくて、英語の辞書で調べたらロバを表すドンキーが、マヌケという意味を持っていたと……。そこから「ドンキーコング」と名前を付けたら、アメリカのスタッフさんに「Donkeyにマヌケなんて意味はない」とめっちゃ言われたらしく(笑)。結局「そのままでいっか~」という事で「ドンキーコング」が生まれたというお話がインタビュー記事に書いてありました(笑)!!!そんな感じで軽く名前が決まったキャラが、世界でこんなに有名で長く愛されるキャラになるとは……そ・ん・な・こ・と・あ・る・の!?

コングも「王」という意味らしいですが、使われ方としては、ゴリラに似た巨大な生物につけられた名前、とのこと。本来ゴリラは英語で「gorilla」まんまだし(笑)。「King Kong」は「王の中の王」的な?まぁ、とにもかくにも、「Donkey」がロバという意味なのは、これで絶対忘れないなと思いました(笑)!!!

会話から生まれる“楽しさ”!

参考書やテキスト、アプリに向き合って、自分一人でコツコツするお勉強も確かに必要ですが、こうやって人と会話する事で出てくる話題から興味を持って楽しく勉強するというのは、超初心者には必要だったりするんじゃないかな、と思いました。私みたいに初心者なうえに、英会話が苦手という人ほど“楽しい”という意識がどこかで持てると、少しでも前に進んだ気がしますし、こういうのって自分だけじゃ生まれない事が多くて……勇気をもって人と話してみたことで、面白く感じることって沢山あるような気がします。

最初は外国の人と英会話を踏まえて会話しながら勉強するって、とてもハードルが高いイメージだったんですけど、日本語もある程度理解してくれる先生と、テキストだけじゃなくて日常会話を踏まえながらお喋りするって、その会話で使う単語や文法は、日頃自分の口からお喋りとして発するものなわけで、自分がまず会話として使う単語などを優先的に知ることができるのがいいなぁと!

まぁ……今回の「Donkey」はなかなか日常で使う機会が少ないかもですが(笑)!でも面白いと感じた事ってすぐ覚えるし、マークと笑いながら話した思い出と一緒に記憶に残るので、絶対覚えちゃうんですよね!これって、自分が色々と行動を起こしたから&色んな経験を自分から取りに行ったから、会話や偶然出た疑問が面白くなるわけで……そもそも普段から何事にも興味をもって、積極的に経験や行動することって、勉強でもなんでも何かを楽しむのに、とても大事なことだよなぁ……と、改めて感じました!こんな風にいつもマークとの会話を楽しみながら、新しい発見をしたりして、初心者なりの英会話レッスンを受けています!またマークとの会話ネタがあったらコラムに書きます!

「Next Door」

2017年に発売した、私のアルバムの表題曲「Next Door」!これはオリジナル曲なので、ノンタイアップの自分作詞作曲なのですが、前回に引き続き応援曲です!爽やかなダンスチューンでめっちゃ背中を押す曲になっています!2番の歌詞に

「一つのハードルをクリアするためのコツは 

その時の全力より 積み重ねかもね」

「人は誰でも弱いとこも 言い訳したい時もある

完璧じゃないのは当たり前だから 

そう 胸張れる自分になるんだ…!」

という言葉があります。上手く心のクッションを使いながら、一生懸命立ち向かえる人でありたいなという気持ちや、私の色々な経験も込めての応援歌です!一緒に次の扉を開いていきましょう!是非、お勉強のお供に聴いて頂けると嬉しいです!

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム画像

というわけで、今回はここまでです。今回はそこまで説明しなくてもお伝えできるお話だったので、今までよりも文章がスッキリ?しました(笑)!最後までお付き合いくださりありがとうございました!次回も「プッ」と笑いながら気楽に読んでいただけたら嬉しいです!では~!

You may also like

Leave a Comment