Home コラム 【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】第3回『伝説への一歩は、己の感覚を信じること!』

【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】第3回『伝説への一歩は、己の感覚を信じること!』

by 榊原ゆい
0 comment
英語しゃべりたいドットコム榊原ゆいコラム第5回
榊原ゆい

Hello,英語しゃべりたい.com編集部です。
まだ5月だというのに夏が来たような日ちらほらと。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

「日々忙しく飛び回る著名な方々はどうやって英語を学習しているのか知りたい!!!」
そんな疑問や興味を叶えるべく著名人をお招きした豪華連載コラム企画!
声優・シンガーソングライター・振付師など幅広い分野でご活躍中の榊原ゆいさんのコラム第3回をお届けします。

第2回で英語のお仕事が舞い込んだゆいさんのその後のエピソードを披露してくださいます。
是非最後までお楽しみください。

 こんにちは!声優・シンガーソングライター・振付師などなど、色々なお仕事をしております、榊原ゆいと申します!英会話を習い始めて約2年半……(え、もう2年半もたったの!?)残念ながらまだまだ英会話初心者な私が、今回から初心者だから行き詰まる「珍コラム」を綴っていきたいと思います!どうぞ笑いながら気楽にお付き合いくださいませ!

皆さんこんにちは!前回の第2回では、私が英会話を習い始めたことで引き寄せた(?)英語のお仕事を、勇気をだしてお引き受けした、というところまでお話ししました。今回はその後……を!今回も、私の珍奮闘記におつきあいくださいませ!

躊躇する余裕などない!

 さて、お引き受けした音声合成ソフト英語版のお仕事。頂いた英語文の台本ですが、今回の収録で必要なのは、英文の意味は分からなくてもいいから、私が声を担当しているキャラクターの声で、できるだけネイティブに近い英会話発音で収録したい……という事で。頂いた台本の英文・英単語の読み方を調べつつ、実際にネイティブの方にその台本を読んで頂いた発音も、メーカーさんに用意してもらい音声で頂くことができ、その音声のスピードを落として聴きとりながら、自分がパッと声にするために、台本の英文の上にひたすらカタカナを書き込んでいくという果てしない作業をしつつ、声に出して練習をしていたのですが……真似が得意な私でも、ガッツリな発音のコツを掴み切れず、数日モヤモヤしていました。

収録当日までのチェック&練習期間は約1ヵ月。できるだけのことはしたいと思い、ネットで色々と調べて見つけたのが、英会話の発声やリズムを教えてもらえるスクール!もう迷ってる時間はない!と速攻体験予約をポチりました!英会話初心者の私は、もちろん今回もドキドキしながら体験申し込みボタンをポチりましたが、それよりもなによりも自分に課せられたお仕事に立ち向かうため、1日も早く上達したいと、逆に躊躇する余裕などなく、秒で申し込みました(笑)!

体験レッスンで得た「っぽさ」

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム画像

 この時、私が申し込んだスクールは「GSET」さん。体験レッスンで、まずは英会話に必要な発声と、話すリズムなどのコツを説明して頂きつつ、少しずつ実践へ。マンツーマンでネイティブな先生にわかりやすく説明して頂きながら、動画を見てその後に真似していきます。

特に日本人が苦手な「r」の発音!今まで舌の先を巻く!と思っていましたが、巻くという意識ではなく、舌の真ん中を下に下げる(ちょっと引く)という事を教わり、だいぶ「っぽく」なりました(笑)!あとやはり日本人が話す時の声の音自体が、口の中(真ん中~上の方)で鳴らしがちで、英会話ではもっと声の重心を下に取り、口の中で止めず、声を外に出すイメージで話すといいと言われ、やってみると……うん!っぽいっぽい!(笑)。普段話してる声よりも低くなりますが、日本人独特の発音のクリアさや、カタカナな角ばりがいっきになくなり、ネイティブっぽい声の曇り方(?)が混ざって滑らかに!!「コレだ!」感が確かにありました。話すリズムも加わることで、つたないながらもだいぶ「っぽく」なってきたじゃ~ありませんか!

……ん?でも、待てよ。自分が英会話として話すならコレなんですが……私が今回お仕事として絶対やらなければいけないキャラクターって……声、高くて柔らかいじゃん(汗)!!声の重心を低くすることが「っぽく」なるコツで、「r」も舌を引いて低くこもる所に持っていっちゃったら、キャラ声じゃなくなるじゃんか!!!収録までに&収録中ここに通ったら、逆に英語でキャラ声だすのが難しくなるんじゃないかと勘づき(笑)、続けて通うのはまた別の機会に……と、入会はせず体験だけにさせて頂きました。

で!も!!この体験を無駄にしない!少しの時間でも教わったことで、ネイティブ発声発音のコツや原理をなんとなく理解できたのです!!あくまでもキャラ声をキープしながら、この発音に少しでも近づけるというミッション。習った原理を応用しながら、口の中での重心の取り方を導き出すことができ、行く前よりもだいぶ操縦できるようになったのです!いつも私は向き合った物事に対してグルグル考えて、その行動を取った事でどうなるかを計算・予測するのがクセなので……なので今回は、ネイティブ発声が必要だからスクールに行ってみる→発声のコツがわかったら継続して行ってみる!ではないということ。まず自分の英会話のためではなく、お仕事のためにと思って来たわけで、そこで得られたコツを理解した上で、今の自分に何が必要なのかを見極める事が大事だなと。今回は、このようなとても特殊な理由で見送りましたが(汗)、発声発音に悩んでいらっしゃる方はとても良いスクールさんだと思うので、一度「GSET」さんで体験してみても良いかもしれません!

今できる最大限と、そもそも難易度高い事

 収録スタートまでの1ヵ月間、別のお仕事で向かうスタジオ近くのカフェに、3時間前に到着するように家を出て、モーニングを食べながら早朝から英文台本チェックを頑張ったり、帰宅してからの深夜から朝までや、お仕事の移動間のカフェでの隙間時間など、手の空いた全ての時間をその英文台本チェックに費やしました!

そして……とうとう迎えた収録日当日!!ネイティブの方も収録に立ち会う形で収録スタート!私はひたすらキャラ声で、できるだけ滑らかに英語を読んでいく努力をしてはいきますが、長文になるとどうしても途中で間違えたり詰まってしまって、またその台詞の最初から……という事になってしまいなかなか進まないので……(私の事をご存じの方はわかると思いますが、大抵の事は器用にこなせる私なのですが、これだけ頑張って練習しても、収録で上手く成功させるのは難しかったです)カンマの区切りとかで一呼吸、間違えたらキリのいい所から切り返してもいいという、優しい調整をして頂けて、それだけでだいぶ収録の流れが良くなり、とても助かりました(汗)!

 収録の休憩中ネイティブの方に、実は発声のスクール体験に行ってきて、コツはわかったけど、キャラ声でそれをやるのはかなり難しい事などをお話すると……

ネイティブな方 「確かに言われてみたら私、日本語を喋る時よりも、英会話の時の方が声低いですね!これを可愛いキャラ声を作りながらってなると、発音の難易度一気に上がりますね……」

わたし 「ですよねーーーーーーーっ!!!!」

と、思わず大きな声が(笑)。そもそもネイティブ発音じゃない英会話超初心者な私が、ネイティブ発音しづらいキャラの声色で出せるように事前に研究し、一応「素材として、多分大丈夫です!」と言って頂ける所まで全力で持ってくることができただけでも、今回は自分を褒めてあげようと思いました(笑)!基本クオリティ高くパフォーマンスできても、まだまだこれからもできる事や、まだできる努力がある……って考えちゃう人なので、そんな自分が珍しく自分を褒めました(汗)。ちなみに今回全力で向き合い過ぎて、台本のチェック期間、目で集中、耳で集中、頭で集中、口も集中、全てを集中することと、それを長時間することで肩こりと腰痛が絶好調になり……何度か家でリバースしました(笑)!冗談抜きで、本当にそれくらい大変なお仕事でしたからね!収録は2キャラなので、同じ英文台本を、声色を変えて(笑)2回収録するので、1回の収録は3時間で、何日間かかけて収録し無事終了!本当……終わった日は、家に帰って自然と涙が出てくるほど感無量でした!!!

挑戦できる自分、頑張れる自分!

 ……でも改めて、この歳(Lv.43)になっても、まだまだ挑戦させて頂けるお仕事がある事が、とてもありがたいし嬉しいなと感じました。年齢を重ねるとどうしても挑戦することって億劫になってしまったり、今自分が持っているスキルで、ある程度はこなしながら生きていけるじゃんって思う事もあるかもしれませんが、いくつになっても挑戦したり、それに向かって頑張ることって素敵なことなんじゃないかって!今回はできない事にも全力で頑張れる自分を確認できて、そんな自分で良かったなとも思えました。

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム 琴葉姉妹画像

まぁ、そんな格好いいことを書きながら、実は……最初に収録のご相談が来た時、元の日本語版のキャラが、双子で関西弁と標準語の2人なので、English版の方も違いをつけて、1人がUS英語、もう1人がUK英語っていうのはどうでしょう?と、ご提案の相談を頂いたんですが……家で少しやってみて、結果「微妙な発音の違いを覚えるのは、さすがに無理です(笑)!」と、速攻お断りしたという経緯もあったり!うん。これはさすがに「できません」と正直に言って正解だったと思います(笑)。ここまではギリ全力でなんとかできるかも、でもこれ以上はできない可能性が高く、そうなると結果ご迷惑をおかけすることになるし、もちろん自分もヤバい!という、そういう見極めもとっても大事かと(笑)!!!

そうして完成したのが、

A.I.VOICE『Kotonoha Akane&Aoi Engrish』です!

(サイトはこちらhttps://aivoice.jp/product/kotonohaeng_ja/

日本語版で英文を入力して読ませた発音と、このEnglish版で英文入力して読ませた発音と、明らかに違うものになっていて「ちゃんと違いが出て英会話っぽくなってるぅぅー!!」と、またまた家で涙しました!もちろんまだまだ足りない私の発音を、A.I.VOICEの開発スタッフの皆さんが、大変な技術でうま~いこと形になるようにして頂いたところもあり(汗)、改めて完成して良かったと、とにかくホッとしました。声優人生25年……声優のお仕事の中では一番頑張ったお仕事かもしれません(笑)。

「Try Real!」

 私が作詞・歌唱している曲から1曲!「Try Real!」という曲があります。その中で私が書いた歌詞に

「“24時間”みんな平等それは当たり前で だけど戦うも諦めるも君の“勇気”次第」

「“うまくいかない時がある”なんて事当たり前で だけど無かった事(リセット)しちゃっていいの?? 君の“気持ち”次第」

という言葉があります。この曲は『Fate(フェイト)タイガーころしあむ アッパー』という対戦アクションゲームの主題歌です。もちろんゲームの世界観で作詞させて頂きましたが、皆さんの、そして自分の背中も押すような……そう!リアルでも奮い立たせる曲として書き、今もライブでよく歌っています!今時「熱さ」というものは流行ってないのかもしれませんが、それでも何かを学ぼう、自分を磨こうとしている皆さんは、生きる事に「熱さ」を持っている方たちだと思うので!このコラムを書くことで私の「熱さ」をお届けし、それを感じてもらいつつ、機会がありましたら是非この曲も聴いて頂きたいなぁと思います。皆さんの日常や、英会話の勉強……何かにTryする皆さんへ向けて、歌でも頑張る皆さんの背中を押すことができたら嬉しいです!

というわけで、今回はここまでです。やっぱりめっちゃ長くなりましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました!次回も「プッ」と笑いながら気楽に読んでいただけたら嬉しいです!では~!

You may also like

Leave a Comment