Home コラム 【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】 第1回『“あえて”苦手な英会話に向き合う事にしました!』

【英会話超初心者☆榊原ゆいの珍奮闘記】 第1回『“あえて”苦手な英会話に向き合う事にしました!』

by 榊原ゆい
0 comment
英語しゃべりたいドットコム榊原ゆいコラム第5回
榊原ゆい

Hello,英語しゃべりたい.com編集部です。
GW初日いかがお過ごしでしょうか?

「日々忙しく飛び回る著名な方々はどうやって英語を学習しているのか知りたい!!!」
そんな疑問や興味を叶えるべく著名人をお招きした豪華連載コラム企画がスタート!
記念すべきお一人目は声優・シンガーソングライター・振付師など幅広い分野でご活躍中の榊原ゆいさんです。

関西人でいらっしゃる榊原さんならではの、面白い切り口で英語学習について語ってくださいます。
是非最後までお楽しみください。

 

初めまして!声優・シンガーソングライター・振付師などなど、色々なお仕事をしております、榊原ゆいと申します!英会話を習い始めて約2年半……(え、もう2年半もたったの!?)残念ながらまだまだ英会話初心者な私が、今回から初心者だから行き詰まる「珍コラム」を綴っていきたいと思います!どうぞ笑いながら気楽にお付き合いくださいませ!

入口が謎?な英会話への挑戦!

 さて、まずはのお話。今この記事を書いている時点での私は人生Lv.43ですが、私が人生Lv.41の時に何を思いたち、なぜ英会話を習い始めたのか?から入っていきたいと思います。どういう毎日を送っているやつが英会話に奮闘しているのか、ご理解頂くために長々と書かせて頂きますがお付き合いくださいませ!

私は声優などのお仕事を現役で続けながら、芝居・ボーカル・ダンスなどの先生のお仕事もさせて頂いています。芸歴25年目の私ですが…ありがたいことに好きなことを仕事にでき、そのお仕事で生計を立てられている環境で(重要!)現場とは別で、もう13年ほど先生のお仕事をしております。

そこで見てきた生徒たちの「できないことをできるようにする努力や、気持ちのモチベーション」という課題。みんな真面目なのになかなか前に進まないなぁと、いつももどかしく思っていて……。私的には、好きな事であり夢へ向かっての努力だから、自分のケツに自分で鞭を打つ(笑)なんて当たり前のことなのですが、その鞭の打ち込み方が課題な人もいます。自分で痛いとわかっているからどこか手加減して甘くなってしまっていたり、打ってはいるが打つ場所や打ち方が違ってたりするんだろうな……と感じる事が多々あります。

私は今まで養成所に行くことなく、お芝居も歌も作詞作曲もダンスもダンスの振り付けも全て独学で、日頃見るTVだったり、普通に生きている日常の中で得られる情報から引き出しになるなというネタなどを積極的にキャッチし、自分で自分の感性を磨いてお仕事にしている……という「自分はドM・自分にドS」タイプなのですが(笑)。

そこでふと「教える側として、自分が“まったくできないこと”を“できるようにする努力”をガッツリしてみることで、生徒たちの気持ちを理解しながら、その対策や考える角度などがもっと見えてくるんじゃないだろうか?」と思い、先生としてのスキルアップのため、という謎視点から自分は何が苦手かと考えた時に、それはもう最速で頭に浮かんだのが「英会話」でした(笑)!

コロナ前だったのでコロナ禍でもできる事、というわけではなかったんですよね。結果その後、外出自粛などによりライブ出演がほぼなくなったことで、家で過ごす時間が増え、英会話を学び始めていたことでステイホームでの自分スキルアップ時間に繋がりましたが。まぁ勉強に集中し座りすぎで、ガッツリと腰痛が悪化しましたけれども(笑)。休憩&ストレッチ、マジ大事です(汗)。

英会話レッスンを通して人としての説得力を磨きたい!

……と、まぁこんな感じで謎な入口から英会話を始めた私なのですが、先程お伝えした“始めたきっかけ”の通り、以前よりも生徒の気持ちがわかりつつ、苦手な英会話の勉強の仕方で自分なりに試行錯誤しつつ得られた経験を通して「できない事をできるようにするには当たり前に時間がかかるということ、声にして形にすることでの反復、そして何よりもまずは自分に合った学び方を見つける事が大事!」というアドバイスが、よりしっかりと伝えやすくなったかなと思います。

多分、生徒のみんなが一番思っているのは「自分達は好きな事、夢を叶えるための努力なわけで、榊原さんは普段の仕事でとても忙しいのに、そもそも苦手なこと、すぐに必要ではないものに、ここまで努力・継続しているのかと思うと……自分何してんねん(喝)!」だと思います(笑)。まぁ、それも先生としての狙いなんですけどね。「この人に言われたくない」は一番嫌なんですよね。ちゃんとやってる人に言われるアドバイスは素直に聞き入れられるけど「やってない人に言われたかぁないわ!」ってのは、誰しもそうだと思うので(笑)。先生を始めることになった時に、そこは生徒に対して絶対だと決めていました。

先生をする前から思っていたことでいうと、私がアーティストとして応援歌の歌詞を書く時や、ライブでその曲を歌う時も「頑張ってもないオマエに応援されたかねぇよ!てかまずオマエが頑張れな!」って思われたら曲が台無しだと思っていて(笑)。お芝居からも、ステージからも皆さんへちゃんと想いを届けられる人になれるように!そのためにはその人が持つ深味や説得力…大事ですから!

英会話レッスンのために隙間を探して三千里

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム画像

とは言っても、2年半も継続しているのに“まだまだ初心者”とは?ということですが(笑)。2年半前、とある初心者向けの英会話教室のレッスンに通い始めました。今でも続けて週1回、忙しい時は2週間に1回のペースで通っています。ですが、英会話の進みが牛歩……いや、亀歩?なのは、もちろん苦手なことだからというのもあるんですが、一つ言い訳を書かせて頂きますと(笑)、外ではアフレコやレコーディング、先生の仕事や打ち合わせ、家に帰ってきたら台本チェック、作詞作曲、振り付けを考えたり、自社開催のライブは、このコロナ禍でも年3回のソロライブ(多い!)はキープして行っていたりするので、歌詞を覚えたりダンスの振りを覚えたりと、主役としての準備をしながら、ライブのセットリスト決めやその音源などの共有データの準備、ライブロゴのデザインも自分でやっていたりします。

そして実は、この人なら信頼できる!という方に巡り合うご縁がなく&自分でやった方が早いなって事で(笑)ここ5年ほどマネージャーがおらず、自分のものはもちろん、事務所の後輩の分のお仕事オファーのメールや確認も、全て私がさばいていたりしています。これだけ何足ものワラジを履いている毎日で、当たり前ですがお仕事に時間を使うのが最優先です。半年くらい自粛生活でお仕事がほぼなかった時期以外は、感染予防対策をしつつ、ありがたいことに忙しくお仕事をさせて頂いています。

でも、せっかく始めた英会話!私なりに勉強時間をひねり出したい!「お~い!隙間や~い!」ということで、ほぼ毎日英会話教材をリュックに入れて持ち歩き(台本もあると超重い)1~2時間早めに家を出て、スタジオ近くのカフェで英会話の勉強をしてからお仕事に向かったり、お仕事とお仕事の間の移動中、早くアフレコが終わった時に次のスタジオ近くのカフェに移動して……など、隙間時間を頑張って作り出しながら勉強している感じでなのですが。書いていて思ったんですが、これは隙間というのかどうかあやしくなってきました(笑)。捻出時間……ですかね?

My paceという名のHigh pace (“My pace”って実は…そうだったの?)

私の仕事がこんな感じなので、なかなか“毎日”とか、“決まった時間に”とか、きっちりとした勉強時間が確保しづらいのですが、勉強時間がとれなくても、ほぼ毎日英会話の勉強道具を持ってお仕事に向かっている……いつでも用意しているぞ!という気持ちがモチベーションになっています(笑)。唯一ラッキー?なのは30代にお仕事が忙しすぎてショートスリーパーになってしまったので、アラフォーになった今でも、睡眠時間が3時間程度で体やお仕事になんの支障もなく生活できる……ということでしょうか(汗)。いや、寝られる体ならしっかり寝たいんですけど、5時間寝てもOKな日でも、2時間くらいで自然と1回目が覚めて起きちゃうので、頑張ってもう一度寝ても、また2時間後に目が覚め…あと1時間後に鳴る目覚ましのアラーム音を聞かずに、そのまま朝が始まっていたりします……おばあちゃんみたいですね(笑)。

なので、私のような超初級なヤツが、わかりやすくみるみる上達!……を感じられるようになるには、向き合う時間が全く足りておらず悔しい思いをしていますが、そこにストレスを感じすぎて、折角始めた勉強をイヤになりたくはないし「諦めたらそこで試合終了」だと『スラムダンク』の安西先生もおっしゃっているとおり(笑)絶対に諦めたくないので!「そもそも時間ないってわかっておいて、アンタが勝手に始めたんやないかい!」(そろそろお気づきだと思いますが関西出身です)と、自分にツッコミを入れながら、“My pace”という名の“High pace”で日々を過ごしています!

そして今これを書いている時に、ふと疑問に思い調べたら“マイペース”って和製英語じゃないか!と、今知ることができました(笑)!

「I study English at my own pace!」 (~at one’s own pace)

ちなみに、超初心者な私は「one’s」の部分が「誰の」の置き換えを意味しているものではなく、そのまま「one’s」が入っているのがこの文の形なんだと思って、

「I study English at one’s own pace!」

と、やりかねないな~くらいのレベルの人です(笑)。

でも、基本疑り深い性格なので(笑)引っ掛かって「あれ?」とか「ほんとかな?」と疑問に思った事をすぐ調べ「なるほどね~」と理解をしていくタイプなので、英語を勉強する時でも、これは一つの楽しみになっています!

おとん「あの6年間なんやってん(笑)!」

 実はめっちゃ恥ずかしいので本当は言いたくないんですが、包み隠さずお話すると……小学校1年生から6年生まで、英会話教室に通って(通わせられて)いました!

英語しゃべりたいドットコム 榊原ゆいコラム画像

最初の方に遊びの一環でやっていた感じの英語カルタは面白かったんですが、ちょっとでも勉強っぽくなると、本当にビックリするくらい英語に興味がなくて(笑)!宿題、毎回イヤだったなぁ……(遠い目)。少し離れた所に教室があったので、車で10分ほどの距離を、父が毎回送り迎えしてくれていました。そもそも勉強自体そんなに好きじゃなかったんですが、特にまぁ英語になったとたん、脳みそが全力で拒否し始めるんですよね!不思議なことに(笑)!

そんな調子で英会話教室に通った6年間は終わって中学生になり、英語は赤点からの補習。高校に入ってからも、もちろん赤点からの補習。ずーっと苦手……というか、そもそも受け付けない、やってもいない、食わず嫌い的な感じでした。でも、学校授業での英語の本読みは、よく先生に指名されて私が読むことが多かったです。そう、のちに声のプロ、声優・アーティストになる“ゆい少女”は、英語の意味はまったくチンプンカンプンなくせに、発音だけは周りの子達よりもできる子だったのです(笑)。

そんな学生時代を経て、人生Lv.41(気持ちだけは永遠の19歳)になった時に、謎の入口から英会話の勉強を始めた私ですが、関西に住む父親に一応報告するわけですよ。

わたし「最近な、英会話のレッスン行き始めてんやん」

おとん「は?なんて?」

わたし「英会話のレッスンやって」

おとん「…英!会!話!?」

わたし「お、おう」

おとん「おまえが小学校の6年間、お父さんが送り迎えして月謝払うて、中学校から英語始まるから困らんようにいうて習わせに行かせたのに、赤点ばっかりとって全然できひんかったおまえが……英!会!話!?」

わたし「いや…その節はゴメンて(笑)」

おとん「あの6年間なんやってん(笑)!」

わたし「まぁまぁ……てかな?考えようによっちゃぁ、そこまでして英語できひんかったってことは、英語はほんまに向いてへんかったんやな~って、1つ確認できたってことやん?(適当)」

おとん「……6年間の月謝代、返してもらおかの~」

わたし「ホンマ、スンマセンデシタ…」

という会話になるわけです(笑)。ここまでで私がどれだけ英語がダメダメなのか理解して頂けたかと思います(力説)!

そんな私が英会話を学びながら経験&感じる、超初心者珍奮闘記を、これから記事にしてお伝えしていき、同じような初心者の方は「わかる~」や、英会話ができる方には「そんなとこでつまづくんかーい!」と笑って頂けたら幸いです。この記事を書かせて頂く事で英会話の勉強をしながらネタを見つけつつ、いつか振り返った時に「恥ずかし!」って笑えるくらい英語を話せるようになれたらいいなと思います!

「Change&Chance」

私が作詞して歌っている曲で「Change&Chance」という曲があります。ゲームの主題歌タイアップ曲なので、ゲーム内容に合わせて恋愛系の歌詞なんですが、タイトルは“生き方”にも置き換えられるのかな……と。変わろうと思えた時からもう変われた一歩だと思うし、変わろう努力している人がまとう空気って、ちゃんと誰かに伝わって、それがまず形には見えないけど運やパワーになって、チャンスという形になって訪れるものだと思います。実際に私が英会話を始めて2ヶ月後に、偶然英語台詞の声優のお仕事オファーが来たことは、また今度のコラムで!

本当に長々と書いてしまいましたが、第1回目は私のことを知らない方へ向けて、どれだけ目まぐるしい毎日を過ごしながら英会話に奮闘しているか、どれだけ英会話が苦手か(笑)……という部分が見えるように、まずは私という人となりの雰囲気をお伝えしながらお話をさせて頂きました。声優・アーティストといっても、同業者の皆さんとはまたちょっと違う、20代で自分の事務所を作り、完全セルフプロデュースしている特殊なお仕事の仕方をしている人なので……。もちろん大変なことは沢山ありますが、本当に充実した毎日を送っています!

忙しい方でも気持ち次第で英会話を楽しめるということを感じて頂くために、これから英会話を習い始める方への一歩踏み出す後押しだったり、私も忙しくてなかなか進んでないけど、諦めずにやろうかな……と思って頂ける記事にできたらなぁ~と、書かせて頂きました!いくつになっても、試行錯誤しながら楽しく学んでスキルアップすることって素敵だと思います!継続することによって、一歩でも半歩でも進んでいること……そう!自己満!とっても大事だと思います!

というわけで、今回はここまで。次回はもうちょっとスッキリしていると思います(笑)!最後までお付き合いくださりありがとうございました!次回も是非!

You may also like

Leave a Comment